子宮内膜症

子宮筋腫を自宅で解消

子宮内膜症 手術

 

子宮内膜症の治療法で、薬物療法意外に、手術と言う選択肢もあります。

 

手術には3通りあります。

 

 

・保存手術

 

全身麻酔をかけて腹腔鏡で行なう手術です。
開腹する方法ではありませんので、体にかかる負担も最小限で済み、入院日数も少ないのがメリットですが、全て取りきることができずに、再発する可能性もあるようです。

 

 

・卵巣機能温存手術

 

これは病巣が広がっていない卵巣のみを残し、子宮を全部摘出する手術です。
保存手術よりも可能性は低いですが、この方法も再発の可能性があるようです。

 

 

・根治手術

 

子宮と卵巣、どちらも全て摘出する手術になります。
子宮内膜症が重症の場合、妊娠を望まない女性に対して行われる手術法です。

 

以上の手術法が挙げられます。

 

 

手術はやっぱり怖いという人にはこちらがお勧めです。

 

⇒ 自宅で子宮内膜症を改善する方法はこちらをクリック

 

 

子宮内膜症解消マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 子宮内膜症解消 総合ランキング

 

 

 

子宮筋腫を自宅で解消する方法