子宮内膜症

子宮筋腫を自宅で解消

子宮内膜症 検査

 

子宮内膜症の疑いがある場合は、放置せずに、
気づいた時点で早急に病院へ行きましょう。

 

病院での検査ですが、産婦人科を受診したことがない人は
少し抵抗、不安がある人もいるかと思います。

 

ですが、自分の体のため、病状を悪化させないためにも、
医師にしっかりと検査してもらうことが大切です。

 

まず問診から始まります。
自分の今の状況を、できるだけ詳しく伝えましょう。

 

そして検査に入りますが、以下の検査のどれかが行われます。

 

・内診
指を膣の中に挿入し、触った感じで子宮の大きさ、卵巣の大きさを探ります。

 

・直腸診
肛門から指を挿入し、子宮と直腸のあいだのくぼみ「ダグラス窩」の痛みの程度、触った感じで診断します。

 

・超音波断層法
超音波を当て、内部の状態を映像化して確認する検査法です。
膣、または肛門から挿入したり、お腹の上に当て確認できますので、
多くの病院で初期診断に使用されています。

 

 

大体の病院ではこの様な方法で検査をします。

 

大きな病院や、他の病気が考えられる場合は、
この他の検査も追加される場合もあります。

 

 

 

病院で検査したり治療したりするのに抵抗がある人は
自宅でも治せる方法があります。

 

効果、実績のある方法をランキング形式にまとめましたので
したのリンクからランキングを確認してみてください。

 

子宮内膜症に悩んでいるあなたにはきっとお役に立てるはずです。

 

⇒ 自宅で子宮内膜症を改善する方法はこちらをクリック

 

 

子宮内膜症解消マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 子宮内膜症解消 総合ランキング

 

子宮筋腫を自宅で解消する方法