子宮内膜症

子宮筋腫を自宅で解消

子宮内膜症 漢方

 

子宮内膜症は、
女性であれば皆成り得るかもしれない病気です。

 

異常を感じた場合は、早めに産婦人科を受診しましょう。

 

子宮内膜症の治療で、
他の薬と兼用して使用されることの多いものは、漢方薬です。

 

漢方薬は、補助の薬として使用されます。

 

漢方治療では、子宮内膜症は骨盤内のうっ血によるものと考えます。

 

一例を挙げると、冷え性、比較的体力がなく胃腸が弱い、
肩こりなどがある人に用いられるのが「当帰芍薬散」と言う漢方薬。

 

腰痛、下腹部の痛みが強い場合に用いられるのが
「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」と言う漢方薬です。

 

漢方薬には様々な種類があり、効果もそれぞれです。

 

ですので、医師の診断の下、漢方薬を使用したいという事を伝え、
その上で自分の症状に合った漢方薬を使用していく事が大切です。

 

漢方以外にも子宮内膜症を改善していく方法はたくさんあります。
もっとも手軽に安全で、自宅でもできてしまう方法はこちらで紹介しています。

 

⇒ 自宅で子宮内膜症を改善する方法はこちらをクリック

 

 

子宮内膜症解消マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 子宮内膜症解消 総合ランキング

 

子宮筋腫を自宅で解消する方法