子宮内膜症

子宮筋腫を自宅で解消

子宮内膜症 治療

 

子宮内膜症の治療法は、以下のものが挙げられます。

 

 

・薬物療法

 

対処療法と内分泌療法があり、対処療法は子宮内膜症の痛みを鎮痛剤で逃すというものです。
内分泌療法は、「GnRHアナログ療法」というものがあり、これはホルモン療法です。
脳の中の排卵の指示を出すホルモン中枢に働きかけ、一時的にストップをかけます。
長期使用はできず、目安として半年が最長です。

 

 

・ダナゾール療法

 

これは男性ホルモン系の治療法です。
副作用として、体重の増加や多毛、吐き気や頭痛などがありますが、治療を終えると元に戻ります。
そして、毎月血液検査が必要になります。

 

 

・偽妊娠療法

 

ピルなどを使用し、体を偽妊娠状態にして治療する方法です。

 

 

・手術で治す

 

子宮内膜症の手術は、病巣を取り除くことと癒着を剥がすことが目的として行なわれます。

 

 

色々な方法がありますけど、
自宅で自分で治したいという人には
こちらが参考になると思います。

 

⇒ 自宅で子宮内膜症を改善する方法はこちらをクリック

 

子宮内膜症解消マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 子宮内膜症解消 総合ランキング

 

 

 

子宮筋腫を自宅で解消する方法